メニュー

肥満を回避したいなら運動を始めてみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合った枕を使おう

眠る男性

いびきや肩こりといった症状に悩まされている方は、枕が原因になっている可能性があります。そのため、理想の枕を使用するのがおすすめです。枕の高さや柔らかさが自分に合っていれば、快眠できるでしょう。また、素材としては通気性が良く、吸水性が良いものがおすすめです。

詳細へ

体温を上昇させるため

婦人

遠赤外線を浴びると、体の表面が温まります。これは、体を構成している分子の振動が、遠赤外線によって活発になるためです。その熱は体の内部に伝わり、筋肉や血管も温めます。すると体を動かしやすくなったり、血流が良くなったり、脂肪燃焼が促されたりします。そのため遠赤外線を放出する商品には、高い需要があります。

詳細へ

冷えを除いて健康な身体

手

身体を芯から温め免疫力をアップさせる温活はちょっとした工夫でより良い効果が期待できます。体力に応じた運動をしながら食生活にも気をつける事で冷えにくい身体を作ると同時に、お風呂でのリラックスタイムも有効活用して冷えにくい身体を目指してください。

詳細へ

運動量を増やしましょう

お腹

体を動かして脂肪を減らす

肥満を招く2大要因は、食べ過ぎによる栄養過多と運動不足です。運動量が不足すると体脂肪、特に内臓脂肪が増えやすくなり、それとともに糖や脂質の代謝機能が低下しがちになります。したがって肥満予防と改善には食事のケアとともに、体を動かして脂肪を減らすことが重要なポイントです。内臓脂肪を減らすのに最も有効なのは、酸素を十分に体に取り込みながら行う全身運動、いわゆる有酸素運動です。中でもいつでもどこでも手軽にできることで人気なのは、なんといってもウォーキングです。ただダラダラと歩くのでは効果はありません。良い姿勢を保ち歩幅を大きくしてリズミカルに歩くようにするのがコツです。歩き続けると軽く息がはずみ、季節によっては少し汗ばむくらいの速さを目安にしましょう。

あきらめないで続ける

内臓脂肪を減らして肥満を解消するには1日最低30分くらいは有酸素運動をするのが望ましいといわれています。1度に30分でなくとも、15分ずつ2回に分けてもいいですし、10分ずつを3回に分けて行っても効果はあります。これを週に最低2回、できれば1日おきくらいのペースで続けると、徐々に効果が表れてます。運動の体への効用は3〜4日で失われるため、週に1回程度では効果は期待できません。とはいえ周1回でもやらないよりはやった方がいいですし、肥満を解消して健康になろうという気持ちを持ち続けることが大事です。人によっては数カ月たっても体に変化の出ない人もいますが、目に見えない効果ははかりしれませんので、ぜひあきらめずに続けてください。